このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 提言型事業仕分け 2011 まとめ TOP
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2011/11/20~23に実施された
提言型事業仕分けの内容をまとめました。
PDFや映像資料が散在していたので、各カテゴリ毎に集めてみました。

2011/11/25現在、鋭意編集中。今後もコンテンツは増えていく予定です。
手動で転記を行っている為、転記ミス等の可能性もございます。
「怪しい」と感じた場合、随時、参照元の情報をご確認下さい。

内閣府行政刷新会議事務局のページ

原子力・エネルギー等:原子力関係研究開発(A1-1,A1-2)
原子力・エネルギー等:原子力発電所の立地対策等(A1-3)

■実施日時
2011/11/20

ワーキンググループA

■テーマ
原子力・エネルギー等:原子力関係研究開発(A1-1,A1-2)
■視点
原子力関係の研究開発予算はどのくらいの額があって、それを使って何をしているのか。
・はじめに (プレセッション)
・論点1
原子力関係の研究開発予算はどうなっているのか
・論点2
日本原子力研究開発機構の予算はどのような構造になっているのか。事業の内訳やその積算はどうなっているのか。
・論点3
エネルギー基本政策の見直しが行われている中、原子力関係の研究開発予算について見直すべき点はあるか。例えば、原研機構のもんじゅ研究開発予算について、どう考えるか。

■テーマ
原子力・エネルギー等:原子力発電所の立地対策等(A1-3)
■視点1
原発の立地対策とは何か。予算は何に使われてきたのか。
・論点1
立地対策予算はこれまで何に使われてきたのか。
・論点2
原発建設の遅れが見込まれる中で、電源開発促進税を原資とした原発立地自治体への交付金(電源立地地域対策交付金)やその一部に充てるための積立金(周辺地域整備資金)はどうするのか。
・論点3
福島第一原子力発電所の事故や今後の原発建設の遅延という状況を踏まえ、原子力発電所等の立地対策の予算の在り方について、どう考えるか。
電源立地地域対策交付金の使途はこれまで拡大してきたが、今般の震災を踏まえ、優先的に安全確保に使用する方向性についてどのように考えるか。
■視点2
原子力発電所での使用済核燃料の再処理や最終処分はどうなっているのか。
・論点4
原子力発電所での使用済核燃料の再処理や最終処分はどうなっているのか。
再処理や最終処分のための積立金の使途や管理運用状況はどうなっているのか。
・論点5
地層処分実規模設備等事業は、最終処分場の立地実現に向けた国民の理解促進につながるものとなっているか。

■その他記事
いわき市が抱える大きな課題

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です