このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 取組の柱2 生活環境の整備・充実 ②医療体制の整備・充実
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook

いわき市 復興事業計画 TOPへ
復旧復興計画の課題(本文)はこちら

■取組の柱2 生活環境の整備・充実

②医療体制の整備・充実
4.休日ヤカン急病診療所の運営【保険福祉部】
医師不足にある市内の病院の負担を軽減するとともに、市民が安心して暮らせる地域医療体制として一時救急医療期間である休日ヤカン急病診療所において、内科・小児科の診療を提供する。
休日夜間診療所の運営
平日 20時~24時
土曜 20時~翌日7時
休日 9時~24時

5.休日昼間の初期救急医療の確保【保険福祉部】
休日昼間の初期救急医療を確保する為、しない各地の病院及び診療所が当番で急患患者の受入を実施する。
・委託先 いわき市医師会

6.病院群輪番制病院運営(休日夜間の二次救急医療対応)への支援【保険福祉部】
1次救急医療機関では手当てが困難な入院や手術を伴う比較的重症の患者を受け入れるため、夜間及び休日において、市病院協議会に加盟する市内17病院が交代(輪番)で診療を提供していることから、その運営を支援する。
・市病院協議会へ補助金交付(※労災病院、いわき病院は委託)

7.救命救急センターの運営【保険福祉部】
高度で専門的な3次救急に対応するため、総合磐城共立病院内に設置している救命救急センターの運営事業に要する費用として負担金を交付し、3次救急医療を確保する。

8.地域衣料を担う人材の確保・育成【保険福祉部】
医師招へい事業や看護しの求人活動、福島県立医科大学とタイアップしたいわき地域医療セミナーを開催し、地域医療を担う医療人の確保・育成に努める。
・本市出身医学部卒業者への招聘活動
・緊急医療従事者(看護師)確保
・地域医療セミナーの開催
・大学医学部への医師招聘活動

9.女性医師等の就業支援【保険福祉部】
女性医師等が子育てをする場合に就業しやすい環境を整備するため、医療機関内に設置されている保育所が休日や夜間等の時間外に保育を行う場合にその費用の一部を助成する。

10.不足している特定診療かの再開、親切に対する支援【保険福祉部】
医師招聘を支援する事業の一環として、しないにおいて不足している特定診療科(小児科、産科等)を再開、または親切する場合に、法人に対し、診療室の回収などの施設整備や医療機器などの購入に要する費用の一部を助成する。

11.大学医学部寄附講座の開設【保険福祉部】
市立病院において不足している診療科の医師派遣による医師確保を図るため、市が医学部を有する大学に寄附講座を開設し、私立病院への医師招聘につなげる。

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です